• 2020年01月21日(火)

    フラワーアレンジメントに挑戦!

    令和2年1月21日(火)の1~3限目に農業科学科1年生22人がフラワーアレンジメント講習会に参加しました。

    flower2 (2)

    今回のテーマは「ナチュラル」

    チューリップ,ガーベラ,菜の花などを使って,講師の方の説明をしっかり聞き,テーマにそってアレンジメントしていました。

    flower2

    鶴翔高校ではフラワー装飾技能士3級の資格を取得することができます。

    今回の講習を機に,資格取得も目指してもらいたいと思います。

    講師の先生方,ありがとうございました。

     

  • 2020年01月17日(金)

    激励会(大学入試センター試験)チェスト!

     1月16日(木)に総合学科3年アカデミア系列の生徒達全員が,18日(土)・19日(日)に行われる大学入試センター試験を受験するにあたり,激励会が行われました。前田校長先生から,”3年間みんなで頑張った学習の成果を,存分に発揮してください。頑張れ!”と激励の言葉があり,その後同じクラスで情報ビジネス系列の代表として岩下さんからも激励のエールが送られました! さあいよいよ本番です。今まで指導くださった先生方や一緒に頑張った仲間達,支えてくれた保護者に感謝の気持ちで,落ち着いて,あせらず,あきらめず 楽しんで受験していきましょう!

    IMG_8779

    IMG_8787IMG_8783

  • 2020年01月17日(金)

    鶴翔高校牛児!第3回和牛甲子園 優秀賞獲得!

    令和2年1月16日〜17日に東京で行われた第3回和牛甲子園に,農業科学科の生徒3人が参加しました。

    この大会は枝肉(肉質)部門と取組評価部門の2部門を全国から集った畜産を学ぶ生徒たちと競い合います。

    7A3D8881-7B1F-44A2-84BF-D982B526A691

    1日目は学校での牛の飼養管理など日頃の取組について発表を行いました。

    BEFE44CE-614D-4764-A933-3F15E294683F

    早朝から体験発表に向けて屋外で練習する様子

    1763DF32-2209-45A0-AABF-D471ECD0B36A

    4E0DAF91-7E25-4DAE-AB9D-824BAA95467D7973EA62-EC3F-46F1-A028-6FD3C05F4A64

    堂々と取組について発表!質疑応答もバッチリでした!

    また、この体験発表は他校の取組も聞く事ができ非常に勉強になりました。

     

    夜は学校交流会が行われ

    牛飼いを目指す全国の高校牛児と名刺交換や意見交換を行なっていました。

    7C0738FE-AC13-4833-8984-D4765223A096B6CAADB3-59D6-4A5D-8A08-108FBAF6C09A

    77171A2C-7A17-4529-948E-56A2B55BB5F26D454E7C-6706-4CFC-8704-3636D46A1DB4

    2A0B29B8-BE03-4589-A086-C38C4F93F7B4

    2日目は枝肉共励会が行われました。

    本校からも秀隆君(去勢)とらんこ(牝)の2頭を出品。他県高校の出品牛枝肉も新鮮な思いで見る事ができ,とてもよい機会になりました。

    共励会後はダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんによる講演会を聴講しました。

    『世界は黒毛和牛を求めている。これからの日本の畜産業を担う皆さんに頑張ってもらいたい』というお言葉をいただきました。

    第3回和牛甲子園の本校の結果は以下の通りです。

    ----------------------------------------------------------------------------------------

    体験発表部門(30校出場)

    優秀賞

    枝肉部門(44頭出品)

    秀隆君 A-5-8

    らんこ A-5-11

    入賞には届きませんでしたが 2頭とも最高ランクのA5を獲得!

    ----------------------------------------------------------------------------------------

    94FE3526-7A06-403C-A71F-CA7C3E13F3E5

    昨年の悔しさをバネに生徒たちはこの一年頑張ってきました。

    ようやく努力を実らせることができました!

    応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました!

    これからもさらに良い牛を育てることができるように努力し続けたいと思います!

     

  • 2020年01月16日(木)

    ふるさとづくり大賞にて,総務大臣賞受賞決定!(快挙)

      この表彰の目的は、全国各地で、それぞれのこころをよせる地域「ふるさと」をより良くしようと頑張る団体、個人を表彰することにより、ふるさとづくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的としています。本校では,地域の課題を頂き,さまざまな研究を進めていますが,今回5年に渡り,漁業に被害を与えるウニの活用法の研究成果で応募したところ見事総務大臣賞を受賞できることが決定しました。関係の皆様に感謝します。表彰式は、1月24日(金)都市センターホテル(東京都千代田区)において開催されますが,農業科学科3年の日高翔君(美里中)と春口勇人君(出水中)の2名が参加します。全国の高校では,鶴翔高校だけが選ばれました!

    詳細は下記をクリックして確認ください!

    FURUSATO[PDF:165KB]

     

     

     

  • 2020年01月16日(木)

    和牛甲子園へいよいよ出場!(応援ください!)

     1月16日~1月17日にかけて東京都中央卸売市場食肉市場で行われる第3回全国農業高等学校和牛枝肉協例会(和牛甲子園)に,生徒達が毎日大事に育てている牛2頭が出場します。生徒達は,毎日の餌の種類や量などの工夫や環境改善からの成長の調査,そして血統と肉質などの研究成果を発表し日本一の牛を育てるために頑張っていることを発表したり牛の評価を受けます。結果がどうなるか楽しみです!牛は,秀隆君とらんこの2頭を出品し,農業科学科の3年倉津武君,松木孝史君,1年の益田大輝君が出場します。みなさん応援ください!

    w[PDF:1MB]

     

     

  • 2020年01月15日(水)

    目指せ!造園技能士

    1月15日(水)午後、総合学科2年環境緑地系列の生徒たちが、造園技能士の実技試験に向けた実習をしました。制限時間内に仕上げられるように必死に取り組んでいました。指導には、薩摩川内市内の造園会社の方に来ていただきました。

    DSC_1359

    DSC_1363

  • 2020年01月10日(金)

    福岡市天神でのPR活動

    1月9日(木)~11日(土)の3日間,天神地下街で開催されている「第4回長州山口・薩摩鹿児島 食の逸品販売会in天神」に鹿児島県の高校からは,鶴翔高校の他3校が学校で栽培・製造した商品の販売・PRを行っています。

    3435

    お近くにお越しの際は是非,お立ち寄りください。

  • 2019年12月27日(金)

    お正月を迎えるにあたって!

     令和元年もいよいよ終わりが近づいてきました!学校も正月に向けて,総合学科環境緑地系列の生徒が,ミニ盆栽や門松を作成してくれました。お陰様でいよいよ令和2年を気持ちよく迎えられそうです。いつもブログをご覧くださる地域や保護者の方々ありがとうございました!生徒達は,それぞれの学科・系列で本当によく頑張った1年でした。来年も一生懸命ブログに生徒の頑張りをアップしますので楽しんでご覧頂ければ幸いです!それではみなさんにとって令和2年がいい年になることを祈念申しあげます!

    DSCN1785DSCN1789

     

     

  • 2019年12月27日(金)

    表敬訪問

     12月27日に阿久根市長を表敬訪問しました!

     先日國學院大學の「地域の伝承文化に学ぶ」コンテストに総合学科アカデミア系列の生徒達が応募したら見事優秀賞に輝きましたので,阿久根市長に報告にいきました!この賞は各地域に伝わる昔話・伝説や祭り・伝統行事・郷土料理・方言などの文化の調査研究や、学校や部などで行っている地域研究活動の実践報告をするものです。

    DSCN1783國學院無題

     

  • 2019年12月24日(火)

    国際交流でお世話になったお礼

    12月24日(火)校長室にて、昨年度から阿久根市と台湾との青少年交流事業で、通訳をしていただいている阿久根市在住の林先生へ、交流に参加した生徒たちからお礼の気持ちを記した色紙とシクラメンを贈呈しました。

    DSC_1261

    DSC_1263DSC_1266

    DSC_1268

    林先生からは、複雑な形の折り紙とお菓子、そして、卒業を控える生徒たちにこれからの人生はまだまだ多くの可能性があるので大切にしてくださいと励ましの言葉をいただきました。林先生ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。